ダイエット中の方におすすめ?

先日、久しぶりに会った友人と話した話題が、便秘。でした。笑

会うと必ずこの話題になりますが、久々に会ってもやっぱりその話題で大笑いしました。

彼女は以前からひどい便秘症で、病院に通ってお薬を使わないと出ないくらいの重傷でした。

結婚して子供を出産してからはいい感じで快便だったそうですが、

ここ最近は、また以前のように便秘ぎみになっているそうです。

私には考えられないくらいです。

なぜなら、私は便秘には縁がない下痢症。

全く逆なので不思議でなりません。。。

食べたら、有無を言わせず出ていく。

食べた量と同じくらい出ていく。

それが胃腸の中にとどまって2,3日または1週間、1か月とかありえないですよ!

そういう女性は本当に多いらしく、びっくりします。

病気になりますよ。っていうか、病気なのかな?

私は、乳製品が特にだめで(大好きなんですが、体が拒否するんです)、

ヨーグルトなんかはすぐに下痢をしてしまいます。

耐乳性がないので、消化できないみたいなんです。

便秘の人にとっては、ヨーグルトなんて本当重宝しますよね。

ビフィズス菌が入っていて、腸を刺激してくれるのでとっても効果的だとおもいます。

効果的に便秘の解消をするなら、こちらのビフィズス菌が効き目がある。

と紹介されているので、参考になるかもしれません。

ビフィズス菌 便秘解消

私はビフィズス菌をあまりとってはいけないので(逆効果なので)、

試すことができませんが、便秘の方、ぜひ試してみてください。

赤ちゃんとママをつなぐ大切なひも

最近よく見かける赤ちゃんを抱っこしてるママ。

日よけなのか、赤ちゃんの頭を覆っている布。

抱っこひもにひっつけて頭にかぶせてあげれるんでしょう。

日よけなんだろうけど、何だか暑そう。

ベビーカーでもそうだけれども、余計に暑そう。。

っていうことが多々あります。

が、ママの優しさなんでしょう。

そう解釈しておきます。

そうはいっても、ママは赤ちゃんを抱っこして歩くだけでも体力消耗しますよ。

お米かかえて歩いてるようなものなので。。

尊敬します。

そんなママたちの赤ちゃんとの絆の抱っこひも。

誤まって落としてしまわないような細かい気遣いが見られます。

とくに腰の紐は大切で、締める位置によってママの体に負担がいくそうです。

逆に、締める位置によって楽ちんになる。ということなんですよね。

だから、重い赤ちゃんを抱っこする機会の多いママには、

ぜひこの腰のベルトに重点を置いた抱っこひもを使用してほしいです。

私が見つけた抱っこひものサイトはこちら →

抱っこひも 腰痛改善

ブランドものの抱っこひもとかではないですが、

品質を重要視した製品なので、見た目より赤ちゃんのこと、ママのことを考えたこちらの製品は信頼性があるな。って感じました。

ママと赤ちゃんの命と絆をつなぐ抱っこひもで、

ママの体を労わってあげたいです。